マンション派か一戸建て派か

耐久性から考えるとマンションの方がしっかりしている感じがありますが、一戸建てでも常総市の洪水の時に残っていた白い建物のように、100年住宅と言われているものもありますので、費用さえ気にしなければこの点は一概にどちらがよいかは決められません。
阪神大震災の時に問題になりましたが、マンションが倒壊した時に 建て替えるかどうかについてマンション組合で意見が一致しないと方針が決められなかったという話がありました。マンションの場合は共同住宅なので、何かあれば組合員全体で合議するのが煩わしいと考える人もいます。その点、一戸建ては自分の意思だけでできるというメリットがあります。
売却する場合はどちらが売りやすいか、あるいは損しないかも気になるところです。都心部の便利なところであれば、マンションの外観はそれほど経年変化もないので、利便性の点で売りやすいかもしれません。一方郊外の古くなった一戸建ては、土地だけの値段で買えるので買い手には魅力となり、日当たりなどの立地条件がよければ売りやすく、土地の値段が下がっていないか上昇しておれば売り手にもメリットとなります。結局は物件の価値次第ということになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × four =