キッチンに超簡単な手作りテーブルカウンターを設置しました

リビングとキッチンが一つになっている部屋で15畳あります。
テレビドラマなどで見ていると、キッチンのシンクの反対側にテーブルカウンターのある
作りが多くて羨ましく思っていました。
「自分の家にもほしいなぁ」見るたびにため息がでます。
そんな時、ハンドメイドで簡単にテーブルカウンターの設置ができる方法を雑誌で見てやってみることにしました。キッチンはシンクが壁側に向いて設置してあるので、自分が動けるスペースを確保して、後ろを向くとテーブルカウンターがある状態に設置します。カウンターは本当に簡単で、カラーボックス2個と天板1枚でできました。欲しい距離を開けて両サイドに設置。その上に天板を置くだけです。壊す時のことも考えて釘を使わずに滑り止めの生地を100均で購入し、カラーボックスと天板の間に挟みます。意外としっかりしていて固定できます。後は100均の家具などに張り付けるシールでリビング側の川―ボックスの後ろ面をデコレートします。レンガ調のシールにしてみました。両サイドのカラーボックスの間にスペースができて、いろいろな使い方ができます。イスを置いてカウンターにしてもオシャレですし、整理ダンスを置いて機能性も充実させることができます。天板の長さを自由にできるので、180センチにしてみました。とても便利でお気に入りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − 9 =