トイレの壁をおしゃれにDIY

我が家は築40年の超おんぼろハウスなのですが、特にいまいちなのがトイレです。いたるところにヒビが軽く入っていて、おまけにタイルの隙間にはカビが付着、カビキラーでも完全に除去することはできません。結露にも弱く、タイル表面が冬場はしっとりと濡れていて気持ちが悪いです。こんなトイレの状況なので、なかなかお客さんを家に招くこともできませんでした。そこで出来るだけお金をかけずにDIYできれいにしようと一念発起!まずは100均へ安くて使えそうな材料を探しに行きました。すると発砲スチロール製の板がたくさん売っているではありませんか。発砲スチロールは断熱材としても有能で、厚さも5mmとちょうどよく、軽くて接着も容易です。これを使うことにしました。そして発砲スチロール表面のままだとあまりに味気ないので、どうするかを考えてみました。表面は簡単に溶かすこともできますし、色を塗ることもできます。全体をレンガ上に塗装し、レンガの継ぎ目をはんだごてを流用して溶かして溝をつけることで表現したみたところ、とてもいい感じに。これを両面テープでトイレの壁に貼り付けたところ、見た目もよくなり、断熱効果も発揮して結露も大幅に改善しました。材料費も数千円もかからずに済んで大満足な結果になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × three =