子供部屋に思う子供にとってベストな家づくり。

子供の頃、自分の部屋が欲しかったし、自分の部屋ができた時の喜びは言葉では表せない物でした。でも、いざ自分が親になってみると、子供部屋がもつ問題点が見えてきたりしている今日この頃です。
私が思う子供部屋の一番の問題点は、部屋に入ってしまうと、やはりそこは子供のプライベート空間な訳で、色々、目が届かなくなるのではないかということです。小学校の低学年くらいまでは、大人の目はごまかせないにしても、年齢を重ねるとともにそれが難しくなるのではないかと思うのです。それに、お勉強は自分の部屋ではなく、居間でした方が質量ともによくできるという話も聞きました。
今のところ、我が子は寝たり、遊んだりする部屋が子供部屋で、お勉強や読書は居間でというのが定番になっています。今の年齢であれば、これがベストだと思う反面、本当は遊んでいる姿の中に、学校での問題点が見えるのかもしれないと思ったりもしています。子供にとってベストな家づくり、思いの外、難しく、迷うことばかりです。